にじチューンアイキャッチ

ゲーミングPC

【実機レビュー】にじさんじ配信限定モデルのマウスコンピューターG-Tune DG-A7G7S・G-Tune DG-A7G6Tについて|RTX4060TiとRTX4070 SUPERのゲームパフォーマンス紹介

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

にじさんじさんのYouTubeの企画で、マウスコンピューターのG-Tuneが紹介されました。

たまたま同等スペックをマウスコンピューター様からお借りしていたので、実機レビューとして紹介します。

マウスコンピューターのG-Tune DG-A7G7S・G-Tune DG-A7G6TがYouTubeでにじさんじの壱百満天原サロメさん、ソフィア・ヴァレンタインさん、樋口楓のお三方に紹介されました。

2024年8月1日(木)11:00までの限定販売です。

同等スペックモデルを使用した経験があるので、モンスターハンターワールド以外のゲームを実際にプレイしたパフォーマンスを中心に紹介します。

ジーチューン

この記事では、G-Tune DG-A7G7SやG-Tune DG-A7G6TなどのゲーミングPCの購入を考えている方向けの情報を紹介します。

実際にマウスコンピューター様から貸出提供していただいて確認した内容なので、とても参考になると思います。

>>にじさんじのお三方が紹介した限定モデルはこちら<<

にじさんじ配信限定モデル掲載公式サイトはこちら

 

マウスコンピューターのAMD Ryzen 7 5700XのG-Tune DG-A7G7S・G-Tune DG-A7G6T|にじTUNE紹介モデル

にじさんじのお三方も紹介したマウスコンピューターのG-Tune DG-A7G7SとG-Tune DG-A7G6についてまとめて紹介します。

こちらのモデルは2024年8月1日(木)11:00までの限定販売です。

実機で実際にゲームした際の状況やパフォーマンスについては後述しています。

結論から伝えると以下のようなポイントがあります。

 にじさんじ配信モデル
にじさんじ配信モデル
G-Tune DG-A7G6T(上段) G-Tune DG-A7G7S(下段)
ポイント
  • CPU:AMD Ryzen 7 5700X
  • GPU:RTX4060Ti
  • メモリ:32GB(ここが配信用スペック)
  • VALORANTは最高画質:300fps以上
  • Apexlegendsは標準画質:200fps、最高画質:150fps以上
  • Cyberpunk2077は標準画質:70~80fps、最高画質:40~50fps
  • ゲームプレイ・配信では全く問題ない
  • 動画編集も可能
    (処理内容によっては重たいと感じる場面もあり)
  • CPUはAMD Ryzen 7 5700X
  • GPU:RTX4070 SUPER
  • メモリ:32GB(ここが配信用スペック)
  • VALORANTは最高画質:600fps以上
  • Apexlegendsは標準画質290~300fps、最高画質200fps
  • Cyberpunk2077は標準画質:180~190fps、最高画質:100fps以上
  • ゲームプレイ・配信では全く問題ない
  • 動画編集も快適
    (3Dを本格的に扱う場合はもうひとランク上がおすすめ)

スペックの低いモデルでも快適にゲームは可能です。

使用するモニターも関係しますが、フレームレート(○○fpsのような数値)は一般的に60fpd以上であれば快適にゲームプレイ可能です。

Cyberpunk2077を最高画質状態40~50fpsでプレイしている映像も確認してみてください。

NEXTGEARの同等スペックの実機レビューをYoutubeにアップロードしています。

また、当サイトでは上記モデルと同等スペックの実機レビューを紹介したページもあるので、あわせてご確認ください。

>>G-Tune DG-A7G6Tと同等スペックのNEXTGEAR<<

>>G-Tune DG-A7G7Sと同等スペックでCPU違い<<

 

>>マウスコンピューター公式サイトのシークレットモデルはこちら<<

 

 

マウスコンピューターG-Tune DG-A7G6T同等実機レビュー|AMD Ryzen 7 5700X搭載モデルRTX4060Ti搭載重たいゲームもプレイできた

マウスコンピューターG-Tune DG-A7G6Tと同じようなスペックであるNEXTGEARJG-A7G6Tの実機でゲームプレイした際のパフォーマンスを紹介します。

CPUはRyzen 7 5700Xで高スペックというわけではありませんが、ゲームプレイにおいては十分なスペックです。

また、近年のゲームタイトルはGPUのスペックがとても重要であり、レートレーシングやDLSS対応のRTX4060Tiが搭載さいていれば十分なパフォーマンスが発揮されます。

ネクストギア外観参考写真

筆者が使用した実機はCPUとGPUが同じであるため、ゲームでのパフォーマンスはほとんど同じです。

VALORANT|VALORANTは最高画質:300fps以上

VALORANTは比較的軽いゲームなので全く問題ありません

競技性の強いゲームであるため、モニターを240Hz以上にして、プレイのパフォーマンスを向上させることもおすすめです。

ネクストギアバロラント

 

Apexlegends|標準画質:200fps、最高画質:150fps以上

Apexlegendsを最高画質でプレイすることは少ないかもしれませんが、標準画質でここまでのフレームレートが出せれば、自分好みの画質で確実にプレイできます。

他プレイヤーと対峙してジブラルタルのアルティメットを使って意図的に映像処理に負荷をかけても全くカクつきを感じませんでした。

VALORANTと同様に十分なパフォーマンスです。

 

Cyberpunk2077|標準画質:70~80fps、最高画質:40~50fps

フレームレートの値が出にくい重たいゲームですが基本的なプレイは全く問題ないです。

背景がきれいなので最高画質でプレイしたいシーンもありますが、それでもプレイできます。

ストーリーを進める際は標準画質、たまに最高画質で街を散歩するなどの使い分けをするといいです。

デフォルト(標準画質) オーバードライブ(最高画質)
ネクストギアサイバーパンク ネクストギアサイバーパンク

 

マウスコンピューターG-Tune DG-A7G7S実機レビュー|どんなゲームも快適

G-Tune DG-A7G7Sと搭載GPUとメモリが同じであるG-Tune DG-I7G7Sをプレイした際の状況を紹介します。

オープンワールド系のゲームだとCPUのスペックがすこし影響ありますが、GPUとメモリが同スペックなのでパフォーマンスはほとんど変わらないです。

参考までにご確認下さい。

>>マウスコンピューター公式サイトのシークレットモデルはこちら<<

 

>>にじさんじのお三方が紹介した限定モデルはこちら<<

にじさんじ配信限定モデル掲載公式サイトはこちら

 

VALORANT|最高画質:600fps以上

VALORANTの常に600fpsの状態でプレイできます。

プレイスキルも気持ち的にあがったと感じました(実際はあがっていない)。

こちらもリフレッシュレート240Hz以上のモニターを使うこともおすすめです。

 ジーチューンバロラントfps ジーチューンバロラントfps

 

Apex Legends|標準画質290~300fps、最高画質200fps

最高設定でも200fps、標準設定でも290fps以上の十分な内容でプレイ可能

一時的に重たくなる撃ち合いのシーンでもカクつきなくプレイできます。

エーペックスfps エーペックスfps

 

Cyberpunk 2077|標準画質:180~190fps、最高画質:100fps以上

このゲームを快適にプレイできたので、どんなゲームも基本的には快適にプレイできます。

フルHD(1920×1080)であれば最高画質でも100fps~120fps、WQHD(2560×1440)だと平均100fps、4K(3840×2160だと平均50fpsほどです。

最高画質で楽しんでください。

ジーチューンサイバーパンクベンチ ジーチューンサイバーパンクベンチ

 

マウスコンピューターのゲーミングPCってどうなの?

ゲーミングパソコンとして人気のブランドには「GALLERIA」「OMEN」「LEVEL∞」などがありますが、そのなかに「マウスコンピューター」が入ることは少なくありません。

マウスコンピューターはBTOの老舗のようなメーカーです。

>>マウスコンピューター公式サイトでお得なセール開催中<<

 

 

マウスコンピューターゲーミングPCの実績

今ほどゲーミングパソコンが注目されていないとき、BTOパソコンと言ったらマウスコンピューターでした。

また、現在でも「プロゲーマー」「アニメーションや建築などのクリエイティブ」「教育」など、多くの方が利用している実績があります。

格闘ゲーマーが海外遠征の際に、シェアハウスしていましたがそこでもG-Tuneのノートパソコンが使われていました。

最近だとキッザニアにPC組み立て体験ができるスペースを作っています。

搭載されているPCパーツの品質が高い

生産時期によっても異なりますが、筆者が使ったマウスコンピューターのPCのPCパーツは品質の高いものばかりでした。

公式サイトで公開されていな情報ですが、マザーボードに品質の高いASRock製のものが搭載されていたり、MSI製のグラフィックカードが搭載されていたりしました。

ASRockの高品質マザーボード使用 MSIの高品質グラフィックカード使用
ジーチューングラフィックカード

(G-Tuneをお借りしたときに確認した写真)

BTOパソコンの老舗であるため、質にもかなりこだわられています。

ゲーミングパソコンとしての実績は他のゲーミングPCブランド以上ではないでしょうか。

マウスコンピューターシークレットモデルについて|同等スペックなら標準モデルがおすすめ

マウスコンピューターシークレットモデル

マウスコンピューター公式サイトにはシークレットモデルというオープンにされていないモデルがあります。

公式サイト内に掲載されているモデルで、特定のバナーやリンク、URLからアクセスすることにより購入できるモデルです。

マウスコンピューター公式サイトシークレットモデルへ移行できるバナー
シークレットモデルのラインナップ
シークレットモデルラインナップ一覧 シークレットモデルラインナップ一覧
シークレットモデルラインナップ一覧 シークレットモデルラインナップ一覧
シークレットモデルラインナップ一覧 シークレットモデルラインナップ一覧
シークレットモデルラインナップ一覧 シークレットモデルラインナップ一覧

当サイトはマウスコンピューター様からシークレットモデルの掲載や実機の貸し出しなどの提供を受けているWEBサイトであるため紹介できています。

マウスコンピューターのにじさんじ紹介モデルはシークレットモデルじゃないほうがお得

にじさんじのお三方がYouTubeで紹介しているモデルであれば、状況によってシークレットモデルではないほうがお得なことがあります。

たとえば、G-Tune DG-A7G6Tと同等スペック(ケース違い)でNEXTGEAR JG-A7G6Tというモデルがありますがシークレットモデルにも同じモデルがあります。

NEXTGEAR JG-A7G6Tはマウスコンピューター公式サイトの検索欄に「NEXTGEAR JG-A7G6T」と記載して検索(シークレットモデルはヒットしない)して選んだほうがお得です。

マウスコンピューター検索欄

G-Tune DG-A7G6Tよりもコストパフォーマンスは高いです。

また、もう一つのモデルであるG-Tune DG-A7G7Sについてはシークレットモデルにはないモデルであるため、紹介されたモデルを購入して下さい。

公式サイトの検索欄で「G-Tune DG-A7G7S」と入力しても価格が高いモデルしか表示されません

シークレットモデルとそうではないモデルで価格を比較したWEBページもあるのであわせてご確認ください。

マウスコンピューターのシークレットモデル比較
マウスコンピューター(mousecomputer)シークレットモデルのゲーミングPCについて|標準モデルと価格・スペックを比較してみた

マウスコンピューターにはシークレットモデルという、コストパフォーマンスの高いモデルがあります。 シークレットモデルではない標準販売されている標準モデルとは価格だけでなく、スペックがことなることが多いで ...

続きを見る

紹介されているモデルはシークレットモデルとはすこし差別化されているモデルであるといえます。

紹介モデルよりもワンランク上のAMD Ryzen 7 7700搭載モデルについて|シークレットモデルがおすすめ

にじさんじのお三方がYouTubeで紹介したモデルはゲームプレイで十分なスペックです。

しかし、CPUのスペックはそこまで高いものではなくコストパフォーマンス重視です。

オープンワールド系のゲームは設定によっては重くなることがあります。

そこでさらに快適にゲームをプレイしたい方はワンランク上のシークレットモデルがおすすめです。

シークレットモデルラインナップ一覧 シークレットモデルラインナップ一覧

こちらのモデルはCPUにAMD Ryzen 7 7700を搭載したモデルです。

最新モデルであるため、スペックは紹介モデルのどのモデルよりも高いです。

G-Tune DG-A7G7Sよりも2万円高額になりますが、見た目もおしゃれでスペックも十分なモデルであるためおすすめです。

マウスコンピューターG-Tune DG-A7G7S・G-Tune DG-A7G6Tで知っておいてほしい注意点

マウスコンピューターG-Tune DG-A7G7S・G-Tune DG-A7G6Tはどちらもとてもおすすめなモデルですが、注意したほうがいいことがあります。

LEDのOFFはできない

G-Tune DG-A7G7S・G-Tune DG-A7G6TはどちらもLEDのOFFができず、カラー変更もできません。

起動時は常にLEDが同じ色で点灯している状態です。

そこが気になる方はLEDのON・OFFが可能でカラー変更のできるNEXTGEARがおすすめです。

NEXTGEARの実機レビューでどのようにLEDを切り替えるのかなども紹介しています。

ネクストギアエントリーモデル
マウスコンピューターのゲーミングPCブランドNEXTGEAR(ネクストギア)JG-A7G6Tシークレットモデル実機レビュー最安PC紹介

マウスコンピューターには、特別価格で販売されているSECRET MODEL(シークレットモデル)というものがあります。 シークレットモデルは特定のURLから公式サイトへアクセスすることで、通常よりもお ...

続きを見る

 

ファンの音について

扇風機の弱から中くらいのファンの音はします。

しかし、イヤホンやヘッドセットをしていたらわからないレベルです。

個人差はあると思いますが、筆者は全く気になりません。

まとめ|G-TuneはおでこからHDMI接続もできる

G-Tune DG-A7G7S・G-Tune DG-A7G6Tを中心にスペックやパフォーマンスを紹介しました。

当サイトではマウスコンピューターのさまざまな情報を紹介しているので、もしよろしければほかのWEBページも参考にしてください。

また、そのほかにも気になることがあれば、なんでも聞いてください

マウスコンピューターの実機を実際に利用した経験があるので基本的にはなんでも答えられます。

最後にG-Tuneのかわいらしい写真をどうぞ。

ディスプレイと接続 ジーチューンHDMIケーブル

>>にじさんじのお三方が紹介した限定モデルはこちら<<

にじさんじ配信限定モデル掲載公式サイトはこちら

>マウスコンピューター公式サイトのシークレットモデルはこちら<<

 

-ゲーミングPC